トップ > 法人保険

法人保険

法人保険をお求めのお客様へ

経営環境がめまぐるしく移り変わる今日、企業リスクも多様化しています。経営者に起こる様々な事業リスクに備え、取引先企業や取引金融機関への社会的信用を守るためにも、法人保険の活用が不可欠です。
安定した事業活動を継続するために、個人事業主様や法人事業者様への生命保険、損害保険の制度をご活用頂けると考えています。
法人保険をお求めのお客様へ

経営者に万が一のことがあった場合、企業にとってその損害は計り知れません。企業間取引に関する信頼と期待は会社の信用度ともいえます。そのため経営者に万が一のことがあった場合、取引先企業や取引金融機関への社会的信用を守るためにも、法人保険をご活用頂けると考えています。
 

 

事業保証対策としての生命保険

『経営者に対する信頼と期待=会社の信用度』
オーナー経営の場合、特に信用面での責任を多方面に大きく有しています。経営者に万が一のことがあった場合、取引先や金融機関、さらには従業員に不安を与えることのないよう、貴社の社会的信用の確保として事業保障対策資金が必要となります。

勇退退職金対策としての生命保険

経営者や役員は、従業員と比べて法的保護が薄いのが現状です。社会的責任の重い役員の制度として、まずきちんと役員退職慰労規定を作成することが大切です。勇退後に豊かな老後を送るための、生存退職金としての準備が必要となります。

死亡退職金・弔慰金対策としての生命保険

経営者は労災保険などの法的保障が薄く『保障から取り残された階層』とも言えます。経営者に万が一のことがあった場合、死亡退職金・弔慰金はご遺族の生活を守るだけでなく、相続税納付資金や相続財産分割財源にも充てることができます。企業内における退職慰労金規定などの整備を含め、制度面や資金面での準備が必要となります。

相続・事業継承対策としての生命保険

事業承継・相続対策資金は、経営者に万が一のことがあった場合にご遺族にかかる相続税納付や、遺産分割の問題解決に役立ちます。多くのオーナー経営者の財産は、自社株や不動産が大半を占めています。特に自社株は額面よりはるかに高く評価されることも少なくなく、そのため後継者の方は想像を超える相続税に悩まされる場合もあります。円滑な事業承継のためには、後継者が相続税支払のために、自社株や不動産の財産を処分することのないよう、相続資金の確保が必要となります。

事従業員の福利厚生対策としての生命保険

企業にとって経営者や従業員が安心して働ける職場を確保し、勤労意欲の向上や組織の活性化を図るために、福利厚生制度の確立が大きなポイントとなります。死亡退職金や生存退職金や退職年金、傷病見舞金などを計画的に準備する必要があります。


このページの先頭に戻る